• ホーム
  • 勃起不全改善には血行促進

勃起不全改善には血行促進

笑顔の夫婦

勃起不全は陰茎の病気から生じるケースは少なく、そのほとんどは血行不良からきています。
血行が悪くなってしまうと、ペニスに血液を安定して供給することができなくなります。
勃起したとき陰茎を強く圧迫すると、勃起力が弱くなっていくのがわかるでしょう。
これは圧迫により血液の流れが悪くなったからです。

風俗で睾丸マッサージを受けるとペニスが元気になるのは、血行が促進されるからです。
その場で即効性を期待できますが、その効果は1~2週間程度のものです。
常に勃起力を高く維持するには、生活習慣の見直しから始める必要があります。
健康診断の数値を目安にして、生活の見直しをしていきましょう。
勃起不全と診断される方は、肥満であることが少なくありません。
肥満と脂質異常症は勃起不全の一大要因と言えるほど影響するものです。

血行促進のために一番大切なのは、身体を冷やさないことなのです。
これは当たり前のことですが、自覚せずとも冷え性や低体温の状態にある方は少なくありません。
冷えは毛細血管への血流を悪くして、さらに全身を冷やすという悪循環になります。
冷え性体質の方ほど冷えに弱い体質であり、冷えの影響を受けやすいのです。

身体を温めるには、地道に毎日入浴するのが一番です。
熱いお風呂に入っても体温が上昇しないという方は、ぬるめの湯に20分程度浸かるようにしましょう。
熱いお湯では肌表面しか温まらないのです。
身体の芯まで温浴効果を伝えるためには、血流が全身を一巡する20分は必要なのです。
勃起不全を解消するためには、半身浴が非常に効果的です。
ヘソよりもお湯のラインを低くすると、のぼせる確率がぐっと低下します。
身体を温めたい方にとって最適な入浴法なのです。